どれがいいの?各種フリマサイトを徹底調査!

>

各フリマサイトのメリット・デメリットって?

各サイトのメリットとは

●メルカリ
登録者数が多く、それに伴い出品者数も多いので売れやすいです。また低価格での購入ができることが多く、買い手にとっても購入しやすいサイトです。

●ヤフオク!
とても簡単ですばやく出品することができます。また商品説明も少なくてよく、配送方法もいくつかある中から選べます。またメルカリと違い、購入者と出品者同士のコメントのやり取りが少ないので、コメントがめんどくさい!という方におすすめです。

●オタマート
ヤマト運輸と連携し「ネコポス」が導入されたこと、またそれ以外にも面倒になりがちな出荷の作業を軽減させる工夫がなされいます。

●ブクマ!
スマートフォン使い、本に印字されている「ISBNコード」を読み取るだけで作業がほぼ終わるので、簡単に出品することができます。

デメリットはこんなところ

●メルカリ
「全般的に価格が低め」という点は買う側からするとメリットですが、売る側からすると安い価格設定をしないと売るのが難しいという事です、なので、高額で売りたいという方には向いていないかもしれません。

●ラクマ!
安い配送サービスはなく、匿名での配送もできません。また楽天銀行の口座を持っていないと1万円以上でも売上金の手数料がかかってしまいます。

●ヤフオク!
取引が個人同士のやりとりなのでトラブルが起きやすいといえます。またヤフオクに出品するためには月額462円がかかるYahoo!プレミアム会員にならなければできません。

●オタマート
匿名での配送はできないこと、また出品をする際の額に10万円という上限があります。

●ブクマ!
定価の半額くらいでは購入してもらえないことが多く、そもそも買い手が着くまでに時間がかかるという難点があります。


このコラムをシェアする